ワイン

2018年テイスティングノート

2018年ヴィンテージ

天候条件に関しては驚くほど2016年との共通点が多く、つまり、シーズン始めにあたる冬および春は暖かく比較的多湿で、収穫までの夏は一転して暑く乾燥した天候が続きました。7月および8月には水分欠乏が観測されましたが、いずれの品種に関しても熟度の素晴らしい進歩が得られています。夏らしい天候のもと、畑の衛生状態も完璧で、メルロの収穫は9月19日から9月25日にかけて、カベルネ・ソーヴィニヨンおよびカベルネ・フランは9月26日から10月5日、プティ・ヴェルドの収穫は10月8日に行ないました。

メルロおよびカベルネ、いずれもタンニンを十分にふくみ、アロマに関しても均質な仕上がりです。 

カロンのテロワール特有のみずみずしさが、バランスの良さと調和、そして余韻の長さをワインにもたらしています。2009年および2016年同様、風格あふれるヴィンテージの誕生です...